#5 暮らしを豊かにしてくれる器 vol.1

料理ができる人への憧れ

こんにちは、totocologです

 

突然ですが、皆さんは毎日お料理していますか?

 

私は、食べることが大好き32歳!
にも関わらず、料理が大の苦手なのです。。
自炊はほどんどしません。。料理上手の夫がいなければ毎日外食だったはずです。。
そんな私ですが、料理ができる人への憧れは常に抱いており、日々悶々としておりました。(は?🙄)

職場に手作りのお弁当を持ってきている人なんて、尊敬しかない!
同じ人間なのでしょうか😭

“料理ができる人への憧れ”を抱いているだけでは現状は何も変わらない!
ということで、形から入るタイプの単純な私は、心が躍る器を迎え入れてみることにしました。
今後は、器を探す旅に出て手に入れたおすすめの器を、ブログにアップしていこうと思っています。

32年料理をまともにしてこなかった女に変化が

レシピを考える前に、まず器を選ぶ。
それから「この器をどんな料理で彩ろう」と考える。
そう考えると、料理への苦手意識が和らいでいくのを感じます。

今更何を言っているんだって話ですが、料理をする時間を生活に取り入れるだけで、暮らしの質が格段に上がると実感しております。

料理本を買ったり、ネットで話題の簡単レシピを見ても、やる気が起きなかった私ですが、最近では、積極的に挑戦できています。
料理をしたいけどやる気が起きないという方は、器探しの旅に出てみると料理への意識が変わるかもしれません。

やっぱり状況を変えるのには、視点を変え、行動に移すことが大切ですね

30代までまともに料理をしてこなかった女が料理に奮闘し、少しづつ成長する様を温かく見守っていただけるとありがたいです

今回紹介する器

今回紹介する器は、私が大好きな淡路島のAwabi wareさんで購入した、ブルーグレーのカラーが美しい器です。

淡路島について書いた記事も併せてご覧ください😌

Awabi wareさんは、「受け継ぐ器」をコンセプトに日用食器を手がけるブランドです。
ブランドネームは「淡路島の美しさ」が由来となっているそうです。

職人さんの魂が込められた器は、細部まで丁寧な作りで美しいです。
目で見て触れて楽しませていただいております。

外観

■Awabi ware ショップ&アトリエ
住所:兵庫県淡路市大町上507-4
時間:10:00~17:00

Let’s cook.

ステキな器を使って、挑戦した料理をご紹介します。

 

まだこの器を使った料理のレパートリーが少ないのですが、今後作ったらこのページに写真をアップしていくので、定期的に遊びに来ていただけると嬉しいです🤗

 
ペペロンチーノ
パンケーキプレート
林檎と春菊のサラダ
ゴーヤチャンプルー

シンプル料理過ぎて反応に困りますね😂笑

30代女、今更ですが料理ガンバリマス!
おすすめのレシピがあれば是非教えてください。

 

料理初心者の私ですが、上達したらレシピも載せていきたいと思っております。

 

おすすめの商品

パンケーキはカルディで購入したグルテンフリーのパンケーキミックスで作りました。
カラダに優しいし何より美味しい!めちゃくちゃおすすめです
料理初心者の私はこちらの商品にかなり救われました。


☟Amazon

KALDI もへじ 国産米粉のパンケーキミックス グルテンフリー 200g 3袋 まとめ買い グルテンフリー

告白すると、僕は料理が苦手で、味付けも下手です。けれども、もし誰かや自分のために料理をするとしたら、苦手や下手なところを心入れで補いたい。料理に必要なのは、知識や技術よりも、やはり心入れなのだろう。人は常に心と心の対話にしあわせを見つけるからだ。心入れの大切さは、料理だけではなく、普段の仕事にも言える事だろう。それは人を愛するということかもしれない。(松浦弥太郎『伝わるちから』株式会社小学館,2017.)

伝わるちから [ 松浦 弥太郎 ]

価格:550円
(2024/6/30 19:53時点)

 

今日も食事の時間を楽しめること、そして挑戦できることに感謝🙏🏻

 

さて、今日の晩御飯は何にします?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
皆様の毎日に小さな幸せが沢山訪れますように、、、

 

☟応援の程よろしくお願いします
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

totocolog

totocolog

はじめまして、totocolog(トトコログ)と申します。
私なりの自己肯定感の高め方や経験から学んだ人生をより豊かにする方法などを中心に投稿しております。

関連記事

  1. #3 セミミニマリストな暮らしが心地いい

  2. #10 10年育てたライダースジャケットを愛でながら思う事

  3. #4 自分が悦ぶ場所 in淡路島

  4. #12 32歳で夢へのスタートラインに立つ。そんなお話

PAGE TOP