#2 短所を受け入れた先に

こんにちは、totocologです
今日は、自分と向き合ったことにより、短所を受け入れることができた経験をシェアさせていただきます。
私なりの解決策が、短所を治したいけど、方法がわからないという方の少しでも参考になれれば幸いです。

短所を受け入れるまで

#01で登場した整体の先生に「自己肯定感が低く、自分を責めすぎている。」と教わりました。

何故自分を責めてきたのか?
出てきた答えは2つ。
1つめは、自信のなさ。
2つめは、何かトラブルが起こった時、他人のせいにしなかった。

 

私なりの自信のつけ方は、#6をご覧ください。少しでも参考になれば幸いです。

 

他人のせいにしなかったと言うと聞こえはいいですが、自分を納得させるために答えが欲しかっただけという身勝手な理由です。

トラブルの原因を考えると、自分が悪かったとたどり着くことがほとんどで、その度に
「なんでこんな事もできへんの?」「なんでいつもそんなんなん?」
と無意識に自分を責めてきました。

考え過ぎが行き過ぎると襲ってくるのは、不安感。
起こってもいないことを想像して、勝手に悩み恐怖心を抱いていました。

次第に、考え過ぎてしまうところって私の短所なのでは?
と考えるようになりました。

友人に相談するとよく言われる
「考えすぎ!」「そんな考えてたらしんどくない?」
この言葉を言われる度に、その思いはより強くなっていきました。

 

でも、、治らへん、、

 

考える事をやめようとすればするほど、ひどくなっていきました。
長年自分を受け入れられず葛藤してきましたが、自分と向き合う時間を設けたことで、視点を変えることができ、
(自分と向き合ったきっかけはこちらに書いています)
考えすぎることが悪いのではなく、考え方がよくないんだと気付きました。

短所によって知った自分の個性

今も何かトラブルが起きた時、トラブルの原因は自分にあると行き着くことがほとんどです。
だからと言って、責めることはなくなりました。
心掛けていることは、自分を拒絶するのではなく、一旦ダメだった自分も受け入れること。
そうすることで、問題と前向きに向き合うことができるようになりました。

何事も、治すべきところに関しては、意識的に改善していくべきだとは思います。
ですが、ダメなところにばかり目を向けるよりも、視点を変え、いいところにも目を向けることで、何倍も自分を好きになり、大切にできるようになるのではないかと思います。

☟私の短所のいいところ探しの結果(深く考え過ぎる性格の場合)
よく相談してもらえる
本来自分がどうありたいかが見えた
様々な角度から問題を解決できる
人の痛みがわかる
会話が途切れない
など。

今後は、短所としっかり向き合うことで見えてきたいいところ=個性を大切にしていきたいと思います。

物事を深く考えたり、分析することは、自分の心を保つために必要なプロセス。
私はこの個性があったからこそ、ブログを始めることができました。

短所を受け入れ始めたとき、自己肯定感が少し上がり、以前よりずっと生きやすくなりました。
自分も捨てたものではないかもと…。

「短所を治したい!」それがストレスになっている方がいらっしゃれば、視点を変え短所のいいところ探しをてみることをおすすめします。
そして、短所のいいところ探しで見つけたあなたにしかない個性を大切に伸ばしてください。
すると、自信が持てるようになり、自分をもっと好きになれると思います。 

どんな短所にも見方を変えると、必ずステキなところを発見することができると思います。
私は文字にすることで見えてきたので、文字にして整理することもすごくおすすめです。

1人で考えても見つからない時は、親しい人に短所について悩んでいる事をさらけ出してみるのもいいと思います。
自分とは違う視点で、短所のいいところを知ることができるかもしれません。

おすすめの映画

アイ・フィール・プリティ!という映画は視点を変えると世界が変わるということを私に教えてくれました🎬
自分に自信がない方、ファッション好きな方、モチベージョンを上げたい方などに是非見ていただきたい映画です。

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング (吹替版)

☝️Amazonプライムで視聴できるので、リンクを貼っておきますね

おすすめの本

すべて完璧な人などいません。どの人もひび割れをもっています。そのひび割れをどう見るか、どのように役立てるか、それが生きるということの意味です。(鈴木秀子氏『奇蹟は自分で起こす』株式会社三笠書房,2022.)

奇蹟は自分で起こす 幸せになる1ミリの法則 (知的生きかた文庫 わたしの時間) [ 鈴木 秀子 ]

価格:792円
(2024/6/30 18:48時点)

 

奇蹟は自分で起こす: 幸せになる1ミリの法則 (知的生きかた文庫 す 16-5)

これは、短所について悩んでいた時に救われた本の一説です。
完璧を求めるのではなく、欠点をどう捉えて自分を生かすかが重要なんだよと教えてくれ、勇気を与えてくれました。

最後までお読みいただきありがとうございます。
皆様の毎日に小さな幸せが沢山訪れますように、、、

☟応援の程よろしくお願いいたします🙇🏻‍♀️

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

totocolog

totocolog

はじめまして、totocolog(トトコログ)と申します。
私なりの自己肯定感の高め方や経験から学んだ人生をより豊かにする方法などを中心に投稿しております。

関連記事

  1. #4 自分が悦ぶ場所 in淡路島

  2. アトピー性皮膚炎症状写真_首

    #1 アトピー性皮膚炎の悪化を機に自分と向き合う

  3. #5 暮らしを豊かにしてくれる器 vol.1

  4. #3 セミミニマリストな暮らしが心地いい

PAGE TOP