#9 マダムから学んだ謙虚のはき違い

こんにちは、totocologです

私は20代前半に出会ったマダムから、人生において大切なことを教わりました。

今日はその事について書こうと思います。

謙虚のはき違い

見ず知らずのマダムが私に向かって歩いてくる。そして私の目の前で立ち止まり一言。

「素敵ね。」

褒める=社交辞令だと思っていた私の第一声は「そんなことないです🙅🏻‍♀️」と相手の発言を否定する言葉。
それから、畳み掛けるように自分を卑下する言葉を続けました。

するとマダムが、残念そうな顔で
「もったいないね。私は本当に素敵だと思って声をかけたのよ。
そして今晩、主人に今日こんな人と出会ったのよ。と話すことが楽しみだったの。
けれど、あなたが自分を悪く言う事で、そんな風に思っていなかったのに、見方が変わる人もいるよ。」と。

私はただ謙遜しただけだと思っていたのですが、
自分で自分を卑下する発言をする事で、自分の価値を自ら下げてしまっていたのだと知りました。

褒め言葉へのAnswer

マダムと出会ってから、褒め言葉を伝えた後の反応を意識する様になりました。
すると、魅力的な人ほど「ありがとう。」「嬉しい。」「優しい。」など素敵な言葉を返してくれている事に気が付きました。

私も素敵な方達を真似て、褒めていただいた時は『どこがやねんっ🤷🏻‍♀️そんなことないっ🙅🏻‍♀️』と思っても、
相手の言葉を肯定し、素敵な言葉で感謝を伝えるようにしています。(それが明らかな社交辞令であっても)

褒め言葉をいただけることが少ない私にとっては貴重な瞬間です、、

そうする事で、褒め言葉を自然と受け入れることができるようになり、
その言葉が辛い時に励ましてくれる宝物になります。



記憶に残る人

マダムから、もう1つ大切な事を教わりました。

マダムは
「歳を重ねるにつれ、後悔しない生き方をしたい、と思うようになったの。
だから、素敵だなと思ったことは心で思うだけではなく、相手に伝えるようにしているの。」
とおっしゃっていました。

私はハッとしました。

今繋がりはないですが、私の記憶に強く残っている人がいます。

1人目は、このお話の主人公であるマダム。

2人目は、海外旅行に行った時、すれ違いざまに素敵な言葉をかけてくれた外国人女性。

3人目は、2ヶ月間だけ仕事でお世話になった年下の女性。
その方について、少しお話させてください。

2カ月間限定の仕事の最終日、お世話になった方たちが、エレベーターの前までお見送りに来てくれました(それだけでもめちゃくちゃ嬉しい🥹)。
すると、その中の1人の女性がエレベーターに乗り込み、私の手を握りながら
「〇〇さんに出会えて本当によかったです。短い期間でしたが、出会えた事を一生忘れません。」と言葉にして伝えてくれたのです。
感情をあまり表に出すタイプの人ではなかったので、初めはすごく驚きましたが、
私の中で嬉しさの感情が爆発し、目に嬉し涙を浮かべ、手を強く握り返したことを今でも覚えています。
2カ月間、周りの方々に恵まれ充実した日々を過ごしていたのですが、
きっと時間が経つにつれ、記憶が薄れていき、数年後には思い出すこともなくなっていたと思います。
ですが、その女性のお陰で一生忘れることのない、私にとって大切な2カ月間となりました。

このことから、自分の思いや感謝の気持ちを素直に相手へ伝えることは、自分が後悔しないだけでなく、相手の記憶で生き続けるのだとということを学びました。

言葉の持つ力

素敵な言葉によって、嫌な気持ちになる人は恐らくいないと思います。

私は、落ち込んだ時、今までにいただいた素敵な言葉達を思い出すようにしています。
すると言葉が自分を励まし、元気を与えてくれます。

素敵な言葉には人を生かす力がありますね。

私も、素敵な言葉を素直に伝えることのできる人でありたい。

私の記憶で生き続けている素敵な方達のように、、

最後までお読みいただきありがとうございます。
皆様の毎日に小さな幸せが沢山訪れますように、、、

 

☟応援の程よろしくお願いします
にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

totocolog

totocolog

はじめまして、totocolog(トトコログ)と申します。
私なりの自己肯定感の高め方や経験から学んだ人生をより豊かにする方法などを中心に投稿しております。

関連記事

  1. #7 自分が悦ぶ場所 in奈良県

  2. #6 「人生は結果がすべてではない」という考え方で自信をつけ、人生をより豊かにする

  3. #10 10年育てたライダースジャケットを愛でながら思う事

  4. #4 自分が悦ぶ場所 in淡路島

PAGE TOP